おいらは、やっぱり太陽語でしゃべりますがいな( 一一)。書くけどしゃべるのだ~(*´з`)


2019年07月09日

孫が生まれて6ヶ月

この前、ふと見たら初めての動作をしていた




寝ている孫に、エアコンの側で寒かろうと

胸の下までバスタオルを掛けていたら

自分で顔の上まで引き上げて

手と足の指だけだして眠っていた

まるで、コウモリのよう(^^;

つい可愛くて写真を撮って記念写真に・・・








孫からすれば、じいちゃんの私

私のじいちゃんは、一口で言えば「怖いじいちゃん」だったけど

高校1年生のとき、通学用に親にねだった自動二輪車を

購入承諾をしない、言わば反対されたとき

親に変わって「買ってやる」と言ってくれたじいちゃん

忘れはしない

親が反対するのに買ってもらう訳にはいかなかったけど

日頃は怖いじいちゃんも、孫は可愛いのかと知ったときだった

その10年後には他界したじいちゃん

ありがとう(^.^)





じいちゃんになってじいちゃんの気持ちが分かったみたい

長くかかったなぁ~   

Posted by やっぱり太陽  at 18:03Comments(2)独り言

2019年06月08日

もう6月

徒然なるままに・・・




忙しい人や短気の方はスルーしてくださいな

今、病院の待合室で、患者が多くて、待ち時間に暇して書いてます





平成も終わり令和になり、もう6月

早いね

もうちょっとしたら一つ歳をとる

20歳代の頃は、仕事で早く対等にさせてもらいたいと、歳をとりたかったけど

今では、時間よ止まれって思うようになってしまった





若い頃は、沢山やりたいことがあって

夢があって

計画があって




52歳頃までのなりたい自分像はあったけど

なれなかった時のことは考えていなかった

成りたかった自分じゃない今

もう、老後の事を第一に考えている

考えたところで、まだゆっくりは出来ないけど





どうなるんだろうかね~(^.^)   

Posted by やっぱり太陽  at 15:43Comments(0)独り言

2019年04月05日

狸寝入り2

先日投稿した「狸寝入り」の第2段









狸寝入りって、知らんぷりすることだよね

この狸、歩いているときに、私を見て、ガシッと固まったまま身動きひとつもしなかった

その時間、約30秒以上死んだふり

人間も知らんぷりすることも多いよね

都合が悪かったり

無視したり

何度聞いても黙って応えなかったり

知らんぷりするのは

相手を思うため?

自分をかばうため?



基本的に知らんぷり出来ないたちなんで

知らんぷりはイヤーなのだ




狸よ、気づいたら逃げて行った

知ってたんだよね( ̄▽ ̄;)もちろん   
タグ :狸寝入り


Posted by やっぱり太陽  at 09:57Comments(0)独り言

2018年10月19日

疑問

カラスがすいすいと低空飛行していった

眠くてサボっているおいらの頭上を・・・



うんこでも落としてもらうと嫌だけど




でも、カラスは凄いなー

あんなに速く飛んでも、電線に 引っ掛かって怪我しない


たいしたもんだ


目がいいんだねー


  

Posted by やっぱり太陽  at 14:42Comments(0)独り言

2018年04月24日

すごい雨だね

今朝から河浦はひどく降っていた

お昼過ぎに、市役所本庁に寄ろうと思ったけど

ずぶ濡れになりそうなのでやめた




それからひた走ること20分余り

有明を抜けると少ししか降らない

今日の目的地、松島の阿村に着いた




着いたときには、ポツポツ雨

それから1時間半


ザーザー雨になってきた

西側に雲が移動してきたのかな・・・





まだ仕事は続く


雨さん、さんさん降らさんで(意味不明)   
タグ :


Posted by やっぱり太陽  at 15:51Comments(2)独り言

2018年04月21日

暇なときに

今日は、いい天気だね(^.^)

親戚の法事に来てちょっと木陰で涼んでいるけど

こんな気持ちいい日よりは久しぶり




いつもなら、雑草として抜いてしまう草花も

話し相手に、とってもいい感じ(^.^)










そーっとしといて・・・って、言ってるような

和ませてくれる陽気と草花

ありがとうね(^.^)   

Posted by やっぱり太陽  at 18:03Comments(0)独り言

2017年12月02日

大相撲

大相撲が揺れに揺れてるね

あんなに大きっなお相撲さんや理事さん達がたくさん揺れてる



オレの勝手なボヤキだけど

悲しいと言うか

侘しいと言うか

世の中の人間の体質を象徴しているような出来事だね

人間社会の、いや、生き物社会の縮図と言った模様だ



スポーツ会、ましてや腕力の優劣で地位が決まる社会では、よっぽど良識のある人物がトップに来ないと、今の相撲協会のようになってしまう

単刀直入に言うと、白鵬はのぼせ上がっている

相撲社会を自分が牛耳ることが出来ると思っているようだ

だいたい、モンゴル勢が大東してきた頃から相撲が荒れてきた

見ていて乱暴である

自分より下位の関取には、立ち会い様に「張り手」を喰らわす

取り組み中も何回も

以前の日本人の取り組みでは、そのような喧嘩もどきの相撲はめったになかった

心の荒さが出ている取り組みに他ならない

一番強い横綱

その横綱が張り手ばかりする現代である

見ていて嫌になる

もっとどーんとこいと構えた横綱相撲を取って欲しい

昨今の相撲は大相撲でない小相撲だ





貴乃花が協会の調査に協力しないのは、協会のやり方が分かっているからだろう

内々に済ませてしまおうとする隠ぺい体質だ

それではいけないと腹をくくったのだろう

貴乃花に頑張って欲しい



私の持論だが

強いものが優しくすれば

世の中はうまくいく

一番強くなるには

自分の身体と心を鍛えなければならない

強いだけではだめだ



私が空手道場を20年間やっていたときの

道場訓は、「つよく やさしく」だった

「強くなって優しくしなさい」と言うことだ

「強くなければ、自分の大好きな家族や恋人や仲間を守れないぞ」とばかり教えていた


あまりに抽象的で子供には理解できなかったかもしれない

でも、空手や柔道、剣道、レスリング、相撲などの腕力で優劣を決める競技では、それを理解している人でなければ上にたってはいけないと思う

日馬富士が言っていた「弟でし」

自分の大事な弟でしに、自分がカラオケのリモコンなどで殴り付けるか?

私だったら100%しない

ましてや、同席した白鵬などの横綱や大関等が直ぐに静止しないのも情けない

それはリンチだろ

リンチしているところで、死なしちゃいけないんで「もうその辺でやめとけ」と親分が横から言ったのと同じだろ

そりゃー武道家では絶対ない

弱い人間ならまだしも

(心と腕力または心が)強い人は、絶対にあり得ない

白鵬が貴乃花を嫌いなので、その弟子の貴ノ岩を代わりにして鬱憤ばらしをしたかったのだろう

・・・と勝手に推測してしまう野次馬根性





でも、どうなるのか・・・   


Posted by やっぱり太陽  at 11:50Comments(4)独り言

2017年10月22日

顔じゅうシミだらけ

タイトルからして顔だししたいけど
ちょっと酷くて、出来な~い (^^;

シミ、広がるシミ

o(T△T=T△T)o (どうしよう)

WAOー ビタミン?


どうするもんかな~Ψ( ̄∇ ̄)Ψ   

Posted by やっぱり太陽  at 02:52Comments(1)独り言

2017年10月05日

隣のおっさん

よー、しゃべる

知らないおっさん


ここは、病院の待合室

姉と二人でいると、入院患者のおっさん(60代後半?)が入ってきた

すれ違いに姉がちょっと買い物に・・・



しばらくすると、何やら勝手にしゃべり始める

しゃべるのは良いけど

相手はいない・・・


そう、独り言

普通は、ぽろっとしゃべるだけだけど

そのおっさん

永遠としゃべる



気持ち悪い

こんなおっさんとは、一緒の部屋に二人だけなんていたくない

早く、自分の部屋に帰ればいいのに

部屋の人達も嫌だろうな

独り言を言うおっさんと一緒の部屋なんて




しばらくして姉が戻って来た

二人で身体の調子の話やらしている間は良かったけど

3人でいる部屋、1人だけ仲間外れは可哀想と思うかもしれない

心の中で、変なおっさんに話し掛けるなよ・・・

頼むから・・・



・・・と思ってると

案の定、おせっかいな声掛けを・・・

やっちまった



そうら、みたんもんか

変なおっさんは、これぞとばかりしゃべり始めた

息つく間もなく、面白おかしくもない話を、手順追ってしゃべりだした

さすがの姉も、しもうたと思ったのか

最初は相づちうっていたけど

延々と続く何にもならん話に、何一つ応えることが出来なくなった

早く話が終わらないかと願うばかり




終わるはずなどない

独り言が常態化しているおっさん

聞いてくれる相手がいると思えば

そりゃー、しゃべりに力もはいるだろう




トイレにでも行けばと、姉に言ってやろうと思ってたら

察したのか、だんだん口数が少なくなった

おう、こんなに静穏な空間が良いものとは・・・



  


Posted by やっぱり太陽  at 09:55Comments(4)独り言

2017年08月11日

勝手にトーク №2 お盆

お盆



お盆には、「先祖様が帰ってくる」と聞いている



魂が帰ってくるのか・・・







それに伴い、先祖様と一緒に過ごすように、生きてる家族が帰ってくる時でもある





盆・・・

子供の頃は、親戚がたくさん集まり、いとこやおばさんおじさんが

居間や座敷など所狭しと、たくさんの布団を敷いて夜眠ったことを思い出す

いとこが来るのが待ち遠しかったり、近所に帰ってくる同い年が待ち遠しかったり・・・




両親がいなくなった今では、兄弟が帰ってくるのが待ち遠しい・・・

けど、誰も家庭事情でうまくいかない

うまくいかないと言うか

優先順位が変わってきた

仕方ないよね・・・




今日は、早くも初盆のお参りに大矢野町まで行ってきた

私より2歳年上のまだ60歳の男性・・・

突然とガンで亡くなった

まだ、生きてて欲しかった




会えるうちがいいよね

魂になって帰ってきてくれるのもうれしいけど

会えるうちがいいよ





  
タグ :


Posted by やっぱり太陽  at 20:00Comments(2)独り言